忍者ブログ
sunholixxx blog
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1671007857_198.jpg







20及び30を売却して手に入れました。
やっと触る時間が出来たのでインプレ。

1.多出力極まり!音色、配列、定位諸々…自由度高過ぎ!音作り面白過ぎ!
てかもうわけわからんwww
モデリングの精度良過ぎて、大音量で使わない限りアンプ使わなくなりそう。
今後はデフォでPA直かも。

2.send return端子が欲しかった! 折角エフェクトも含めて一台完結狙ってるのに勿体無い。。。
歪みやワウはコンパクト!とか言う人には不向きな仕様。

3.ループマシンはオマケですww単体で別に用意したくなる。

4.GK側だけでなく、マグネットPUにもアンプシミュレーター&エフェクト処理出来るので、
規格外の7弦以上の楽器にも使用可っぽい。(モデリング&シンセは勿論6弦までだが)
SR7VIISCにもPU着け直そうかしら?精度考えたらやはりTSCで改造か。。。

5.アンシミュの切り替えが出来ない!ON⇔OFFは出来てもクリーン⇔歪みは不可。
別案で音色を個別に割り振るも、プログラムチェンジ時の間が長い。これは結構痛い!
どっちかにして欲しかったw 内蔵か外部のループマシンは必須かな。



ライブも近いので試運転を兼ねてスタジオ録画。
協力はベリーダンサーの友衣子さん。
3日で再生数200超えてる件www 機材タグの影響凄いなあ。

艶奉-envu-(ベリーダンサー用)の基本的な音色で、
PCM音源1(シンセ音)+PCM音源2(シタール)+モデリング(シタール)
E-bow使う際にはマグネットPUからアンシミュで歪み。
LGXTだとモデリングの音もE-bow反応出来るのね。知らなかった。。。

PCM音源とモデリング共にシタールの音色があるが一長一短なのでw、
PCM音源の方はアタックを遅らせてディレイを掛けてドローン用にして、
基本的な演奏はモデリングの方で作って2つを組み合わせて使ってます。
モデリングの方はシタールというより別の中東の楽器に近いような。。。

という訳で週末は池袋ベムスターにてアンビエントイベントです!
詳細はこちら!
http://ameblo.jp/projectaxiv/entry-10781816457.html

Guitar Synthesizer GR-55GK

新品価格
¥79,800から
(2011/11/23 12:15時点)

PR
material by Sky Ruins  /  ACROSS+
忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
sunholixxx
性別:
男性
自己紹介:
ベース、ギター奏者。
2003年よりソロを中心に舞踏や美術作品等のパフォーミングアート、多ジャンルのミュージシャンとのコラボレーションを主に活動。
2007年には自身の主催するイベント「ALCHEMIST」での活動も開始。2011年から団体名として、『Project AXiV(アクシヴ)-Alchemist eXtra in View-』に改名。

mail:sunholixx@hotmail.com

バーコード
ブログ内検索
カウンター